キヤノン一眼初心者モデル|EOS Kiss X8iと後継機種X9iの違いを比較

キヤノンEOS Kiss X8iとX9iの比較

キヤノンのエントリークラスの一眼レフで人気のモデルがEOS Kissシリーズ。

中でも、Kiss X8iは撮影性能と値段のバランスが優れたカメラです。

後継機種になるKiss X9iは性能もパワーアップしていますが、初めて買うならKiss 8iでも問題ありません

この記事では、EOS Kiss X8iとX9iの違いやどちらのモデルがいいかをまとめました。

細かいスペックの違いから、僕が思う2機種の選び方をご紹介します。


スポンサーリンク

【結論】EOS Kiss X8iとX9iどっちがいいか

はじめに結論を言っておくと、Kiss X8iでも一眼レフとしての性能は十分です。

こだわりがないなら、Kiss X8iを選んでおいて損はありません。

Kiss X8iとX9iの値段差は、1万円弱。

一眼レフは本体だけでなく、つけるレンズによって撮れる写真が変わってきます。

レンズ購入資金を考えて、本体は安く抑えておくと後々の楽しみもできていいです。

連写や動体撮影中心ならKiss X9iが有利

あとで詳しくスペックを比較しますが、大きく違うのは連写性能の違いです。

オートフォーカス性能など、動いているものを撮る時にKiss X9iは有利になります。

カメオタくん
他のスペックはそこまで変わらないよ。

運動会やスポーツ撮影するなら、オートフォーカスの性能は大切です。

値段差1万円がそれほど気にならない場合は、Kiss X9iを選びましょう。

風景やスナップならKiss X8iでも十分な性能

映像エンジン自体はパワーアップしていますが、センサーサイズは同じです。

そのため、画質を比べても2機種で大差はありません。

カメオタくん
風景とか街並み撮るくらいなら、X8iでも十分すぎるスペック。

Kiss X8iもAPS-Cセンサーを搭載しているので、一眼レフとしての描写性能は十分。

初めて一眼レフを買うなら、少しでも安いKiss X8iを選んでも普通に使えます。

EOS Kiss X8iとX9iのスペック比較

Kiss X8iとX9iの2機種のスペックの違いを、いろんな角度から比較してみました。

違いをわかりやすくするために、一覧表でまとめています。

実売価格は変動しますが、調べてみると約1万円前後となっていました。

カメラスペック全体の比較

X8i X9i
センサーサイズ APS-C
有効画素 約2420万画素
映像エンジン DIGIC 6 DIGIC 7
AF測距点 19点 45点
記録画素数
  • 6000×4000(JPEG L/RAW)
  • 3984×2656(JPEG M)
  • 2976×1984(JPEG S1)
  • 2400×1600(JPEG S2)
  • 720×480(JPEG S3)
  • 6000×4000(JPEG L/RAW)
  • 3984×2656(JPEG M)
  • 2976×1984(JPEG S1)
  • 2400×1600(JPEG S2)
画像ファイル形式 JPEG,RAW
重量 510g 485g

カメラ自体の画質やスペックは、それほど大差ありません。

ただ、オートフォーカス性能はX9iの方が改良されています。

フォーカスエリアが広くなっているので、X8iよりもピント合わせがしやすいところは強み。

記録画素数を見ると、X8iだけ小さいサイズで撮れますが、実用的なサイズではないので問題はありません。

カメオタくん
どちらもAPS-Cのセンサーサイズだから、画質は十分。

X9iは軽量化されていますが、X8iでも普通に持ち歩く分には軽量コンパクトです。

シャッター・連写機能の比較

X8i X9i
シャッター速度 1/4000~30秒、バルブ
同調シャッター速度 1/200秒
連写撮影速度 最高約5.0コマ/秒 最高約6.0コマ/秒
連続撮影可能枚数
  • JPEG L:180枚
  • RAW:7枚
  • RAW+JPEG:6枚
  • JPEG L:190枚
  • RAW:21枚
  • RAW+JPEG:19枚

オートフォーカス性能と連写撮影の速度は、X9iが有利です。

連写可能枚数も改善されており、動きものを速いシャッタースピードで撮るならX9iを選んでおきたいところ。

X8iでも実用十分なスペックですが、RAWで連写したいと考えているならX9iの方が無難です。

ライブビュー・液晶関係の比較

X8i X9i
ライブビュー撮影
バリアングルモニタ
液晶サイズ ワイド3.0型/TFT式カラー液晶モニター
ドット数 約104万ドット

背面の液晶は、どちらのモデルも同じです。

ライブビューでのピント合わせ時、X9iの方が性能アップしています。

  • X8i → ハイブリッドCMOS AF
  • X9i → デュアルピクセルCMOS AF
デュアルピクセルCMOS AFの仕組み

画像引用:キヤノンEOS M5特徴

AFセンサーが捉えやすいため、高速なピント合わせならX9iが有利であることがわかります。

バッテリー・使い勝手面の比較

X8i X9i
連続撮影可能枚数
  • ファインダー:550枚
  • ライブビュー:200枚
  • 動画:約1時間20分
  • ファインダー:820枚
  • ライブビュー:310枚
  • 動画:約1時間55分
Wi-Fi機能
Bluetooth
インターフェース 映像/音声出力・デジタル端子
HDMI端子

後継機種ということもあり、X9iはバッテリーの持ちも改善されています。

ただ、X8iでも1日くらいでバッテリーがなくなる心配はありません。

どちらのモデルもミラーレスと違って、バッテリーの持ちは必要十分です。

カメオタくん
X9iはBluetoothが使えるけど、Wi-FiでもOK。

Wi-Fi対応であれば、撮った写真をスマホにその場で転送することができます。

動画撮影性能の比較

X8i X9i
記録サイズ・フレームノート 1920×1080(Full HD):
29.97/25.00/23.98p、
1280×720(HD):
59.94/50.00/29.97/25.00p、
640×480(SD):29.97/25.00p
1920×1080(Full HD):59.94/50.00/29.97/25.00/23.98p
1280×720(HD):59.94/50.00/29.97/25.00p
640×480(VGA):29.97/25.00p
ビットレート Full HD(29.97p/25.00p/23.98p)(標準):約30Mbps
Full HD(29.97p/25.00p)(軽量):約12Mbps
HD(59.94p/50.00p)(標準):約26Mbps
HD(29.97p/25.00p)(軽量):約4Mbps
SD(29.97p/25.00p)(標準):約9Mbps
SD(29.97p/25.00p)(軽量):約3Mbps
Full HD(59.94p/50.00p)/IPB(標準):約60Mbps
Full HD(29.97p/25.00p/23.98p)/IPB(標準):約30Mbps
Full HD(29.97p/25.00p)/IPB(軽量):約12Mbps
HD(59.94p/50.00p)/IPB(標準):約26Mbps
HD(29.97p/25.00p)/IPB(軽量):約4Mbps
VGA(29.97p/25.00p)/IPB(標準):約9Mbps
VGA(29.97p/25.00p)/IPB(軽量):約3Mbps
HDR動画撮影:約30Mbps
タイムラプス動画:約90Mbps

一眼レフで動画を撮る場合は、X9iの方がなめらかに撮れます。

ただ、どちらもフルHD対応なので画質は十分です。

X9iはタイムラプスやHDR撮影に対応しています。



動きものを撮らないならKiss X8iでレンズ投資がベスト

スペックをいろいろと比較してわかった違いは、AFと連写機能くらいです。

その他の機能はどちらの機種も、一眼レフとしての必要十分なスペックを持っています。

カメオタくん
動いているものを撮りたい場合は、X9iがいいね。

逆に、風景や街中スナップ・子供写真などで使うなら、X8iで十分です。

一眼レフはレンズを変えるのが醍醐味。

使っているうちにいろんなレンズが欲しくなってくるものです。

少しでも本体の値段を抑えて、レンズやメンテナンスグッズなどにお金を回した方がいいかなと僕は思います。

カメラは買ってからもいろんな物が必要になるので、予算は考えて選んでくださいね。

関連  カメラの便利グッズ|一眼レフを持ち歩きするときに欲しいアクセサリー

EOS Kiss X8iとX9iの違いを比較【まとめ】

X8iと後継機種のX9iを比べてみましたが、僕が初めて一眼レフを買う友人に勧めるならX8iです。

カメラ本体で浮いた値段をお手入れグッズやレンズに使った方が何倍も幸せになれます。

EOS70Dを買って、結局今フルサイズに買い替えた僕が言うので間違いありません笑

家電業界では古いモデルは敬遠されがちですが、一眼レフは古くても性能は十分です。

カメラバッグやレンズなど、後々かかるお金のことも考えて選んでくださいね。


関連コンテンツ一覧



キヤノンEOS Kiss X8iとX9iの比較

内容をみんなに紹介する

記事の更新情報やキャンペーン開始などの情報を発信していきます。 記事更新は毎週水曜日です! カメラやレンズ購入前の相談も受け付けています。

\勧誘・他サイトへの誘導ありません/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Ryohei

一眼レフ歴3年の30代初心者カメラマンです。 当ブログは、一眼レフを始めてみたい人や買ったはいいけど、なかなかうまく使いこなせない人に向けて、一眼レフの楽しさを簡単に伝えることを目的として始めました。自分が昔知りたかった情報をもとに初心者~中級者の方におすすめな情報を発信しています。SNSもいろいろとやっていますので、興味持っていただけた方は軽くフォローお願いします★ かなり喜びます。