【2020年版】レンズがレンタルできる人気の安い・おすすめ厳選7社の比較とランキング

レンズのおすすめレンタル業者

レンズは高いから、レンタルして使うのは賢い選択だと僕は思ってます。

一眼レフの中でも安いAPS-Cの機種でも、レンズ1本買うと5万円近い出費は必要。

超広角、標準、望遠、マクロ、魚眼…

欲しいレンズを考えたら、キリがないですよね。

レンズを買う前、欲しいレンズを実際の利用シーンで試したい時にレンタルが便利です。

この記事では、レンズをレンタルできる人気の7つの業者を比較。あなたにぴったりの業者選びをサポートします。

レンズのレンタル業者の選び方

 

レンズのレンタルサービスを選ぶ時のポイントとして、まずはレンタルしたい商品があるかどうかとその値段が大切です。

ただ、それ以外にも注意しておきたいポイントがあるので、1つずつ解説していきます。

店舗以外に配送でもレンズをレンタルできる

レンタル業者の中で店舗がある業者は問題ないのですが、レンタル業者はほとんど実店舗を持っていません。

僕のように地方に住んでいる方は、お店へ取りに行けないですよね。

そんな場合にも対応できるように、配送レンタルをしている業者が便利です。

カメオタくん
宅配なら、梱包キットつきだから返送も簡単。

東京カメラ機材レンタルのみが宅配は法人だけの対応となりますが、その他の業者は宅配レンタルが可能です。

レンタルしたレンズの日数カウントを見る

宅配でレンタルする場合、レンタル当日に届けてくれるところと1日前に届けてくれる業者があります。

もし、レンタル当日朝早くから出かけるなら、当日に到着したのでは間に合いません。

そんな時に、レンタル日の1日前に届けてくれる業者なら安心。

カメオタくん
ビデオエイペックスだけは前日に届けてくれる!

前日に届けば状態の確認や試し撮りなんかもできます。

通常の業者はレンタル日の当日に到着となりますが、ビデオエイペックスだけは1日前に届けてくれて日数カウントには含まれません。

1日分長くレンタルできるので、お得ですよね!

>> ビデオエイペックスでレンズを探す

レンタルしたレンズが破損した時の補償がある

普通に使っていても、商品が壊れてしまったり落としてしまったりするかもしれません。

そんな時にレンタル商品の補償がついている業者を選んだ方が、後々の心配もなく安心して利用することができます。

レンズの取り扱いに慣れている人はなくても問題ありませんが、初めてレンズを試す方はついてあると無難です。

ほとんどの業者がお客さんの過失による故障は別途請求となります。

その中でも、DMMは補償費用無料でレンティオはこちらの過失でも上限2000円と良心的です。

レンティオDMMrentryは補償が無料

人気のレンズレンタル業者7社の比較一覧表

レンズのレンタルができる業者を7社に厳選して、それぞれの業者の特徴を比較しました。

レンタル料金や宅配送料、補償やサービス面で一覧表にしています。

レンズレンタルの送料や値段で比較

業者 送料 値段 エリア
レンティオ 無料 2480円〜 全国
DMM 無料 3540円〜 全国
ビデオエイペックス 3000円以上で無料
※返送時は送料がかかる
1600円〜 全国
rentry 無料 3980円〜 全国
goopass 無料
※梱包料は毎月1回無料
5800円〜 全国
東京カメラ機材レンタル 6000円以上無料 3000円〜 関東のみ
レンタルカメラショップ 15000円以上無料 1400円〜 全国

宅配レンタル時の往復送料が無料なのは、レンティオ・DMM・rentryの3社です。

goopassは梱包料が1500円かかりますが、毎月1回は無料チケットがもらえるので実質無料。

DMMはレンズの取り扱い数が少ないので、お目当てのレンズがない可能性が高いです。

ビデオエイペックスは返送時の送料がかかりますが、その分レンタル料金が安いのでトントンですね。

補償・サービス内容でレンズのレンタル業者を比較

レンタル業者の送料や補償、到着日や日数カウントなどのサービス面の細かい条件を比較してみました。

業者 補償 宅配 到着日
レンティオ 自然故障は無料
落下などは上限2000円
3泊4日〜 当日
DMM 無料 2泊3日〜 当日
ビデオエイペックス 自然故障は無料
それ以外は10%で加入可能
2泊3日〜 前日
rentry 自然故障は無料
故意の場合有償
3泊4日〜 当日
goopass 自然故障は無料
故意の場合は上限5000円
1ヶ月 当日
東京カメラ機材レンタル レンタル料金の10% 法人のみ 前日
※店舗のみ
レンタルカメラショップ 無料 2泊3日〜 当日

万が一、落としてしまったり傷つけてしまった場合は、補償サービスに加入しておくことで損害金を払わずにすみます。

自然故障はほとんどの業者で無料ですが、DMMだけは事故でも補償対象となります。

盗難やわざと落下させたとか以外であれば、料金の支払いは不要です。

こちらの責任で落としたりした場合でも、レンティオは免責2000円と一番安くなっています。

補償面で選ぶなら

レンズのレンタル業者のおすすめランキングTOP7

レンズのレンタル業者をおすすめ順にランキングにしました。

ランキング付けの判断基準は、下記の4項目で評価しています。

  • レンズの種類が豊富か
  • レンタル料金は安いか
  • 送料は安いか
  • 補償サービスはあるか

レンタル料金は、取り扱いレンズの中で最安値のものを最低期日で借りた場合で表示しています。

1位 ビデオエイペックスのレンズレンタル

ビデオエイペックス

画像引用:ビデオエイペックス公式サイト

往復送料 ◯3000円以上の商品で無料
※返送時の送料はこちらで負担
レンタル料金 ◎1600円〜
補償制度 ◎無料
自然故障は無料
それ以外はレンタル料金の10%
キヤノン
ニコン
ソニー

ビデオエイペックスは宅配レンタルになると、返送する時の送料はこちら側で負担する必要があります。

往復送料の半分だけをビデオエイペックスが負担してくれるという感じです。

ただ、他の業者にないビデオエイペックスの強みは、レンズの種類がダントツに多いところ。

2位以下の業者では取り扱いのないレンズが豊富にあるので、いろんなレンズから選べるのは魅力です。

レンタル料金が安めの料金設定ということもあり、返送時の送料はこちら負担となっています。

カメオタくん
宅配レンタルだと、前日に届けてくれるのもビデオエイペックスだけ!

ビデオエイペックスはレンタル開始日の1日前に商品を届けてくれるので、試し撮りなどができて便利です。

朝早く出発する時、他の業者だと1日長くレンタルする必要があります。

しかし、ビデオエイペックスならそんな時でも1日長くレンタルできるので良心的です。

  • レンズの種類が多い
  • 高級レンズが借りられる
  • 補償あり・なしどちらでも借りられる

 

レンズの品揃えNo.1

 

>>  比較一覧表へ戻る

2位 レンティオのレンズレンタル

レンティオ

 

 

画像引用:レンティオ公式サイト

往復送料 ◎無料
レンタル料金 ◯2480円〜
補償制度 ◎自然故障は無料
落下などは上限2000円
キヤノン
ニコン
ソニー

レンティオはどのメーカーのレンズも平均的な品揃えとなっていますが、マニアック系や高級レンズの取り扱いはありません。

宅配レンタルの往復送料は無料で、自然に故障した場合の補償はお金を払わなくても無料で対応してくれます。

カメオタくん
落としたり自己責任による破損でも、上限2000円と親切!

高級なレンズは値段が高いですが、安めのレンズであればものによっては安く借りることができます。

  • メーカー問わず商品が豊富
  • 往復送料は無料
  • 補償サービスも基本無料

 

往復送料・補償全て無料

 

>>  比較一覧表へ戻る

3位 DMMのレンズレンタル

DMMいろいろレンタル

画像引用:DMM公式サイト

往復送料 ◎無料
レンタル料金 ◯3540円〜
補償制度 ◎無料
キヤノン ×
ニコン ×
ソニー ×

DMMの1番の特徴は、補償に免責がないことです。

他の業者は免責金額が設定されますが、DMMは修理費用の請求はありません

往復送料も補償も無料なので、安心して利用することができます。

ただ、レンズの本数が少ないため使いたいレンズがないかもしれません。

カメオタくん
使いたいレンズがあれば、安いしお得に使える業者さん。

DMMはお目当てのレンズがあれば、安く借りられて補償もつくので最高の業者です。

  • 往復送料は無料
  • 補償制度が一番充実
  • レンズは少なめ

 

補償が完全無料で安心

 

>>  比較一覧表へ戻る

4位 goopassの定額レンズレンタル

goopass

画像引用:goopass公式サイト

往復送料 ◎無料
月1回のみ
レンタル料金 ◯5800円〜
補償制度 ◎無料
自然故障以外は上限5000円
キヤノン
ニコン
ソニー

goopassは他の業者と違い、サブスク制のレンタルサービスです。

サブスク制なので、1ヶ月単位で料金が発生します。

ただ、1ヶ月ずっと同じレンズをレンタルしないといけないということはありません。

月の途中で別のレンズに変更することもできるので、料金プラン内ならいろいろ試せます。

カメオタくん
レンズの種類によって使うパスが違って、金額も変わるよ。

高いレンズはパスの金額が上がり、登録に審査が必要になります。

レンズの種類はビデオエイペックス同様に豊富で、マウント問わず様々なレンズが用意されています。

 

月定額制のレンズレンタル

 

>>  比較一覧表へ戻る

5位 rentryのレンズレンタル

rentry

画像引用:rentry公式サイト

往復送料 ◎無料
レンタル料金 △3980円〜
補償制度 ◯無料
自然故障以外は請求あり
キヤノン
ニコン
ソニー

rentryは往復送料無料でレンタルでき、長野と東京であれば実店舗もあります。

レンズの取り扱いもありますが、ゴープロやアクションカメラのレンタルの方が強い業者です。

補償も無料で付帯しており、よほど故意で破損させたということでなければ請求されることはありません。

カメオタくん
サポートセンターの対応が早いところが魅力。

旅行や結婚式など目的別におすすめの機材をまとめてあるので、レンズ選びの参考になります。

 

利用目的から探せる

 

>>  比較一覧表へ戻る

6位 レンタルカメラショップのレンズレンタル

レンタルカメラショップのレンタル

画像引用:レンタルカメラショップ公式サイト

往復送料
15000円以上の利用で無料
レンタル料金 ◎1400円〜
補償制度 ◎無料
キヤノン
ニコン
ソニー ×

レンタルカメラショップの強みは、DMMやレンティオと同じくレンタル時の補償が無料でついてくることです。

レンズの他に映像機器やプロジェクター、音響機材など他の業者にあまりないコアな製品が中心。

ただ、送料は15000円以上にならないと無料にはならないため、注意が必要です。

 

 

>>  比較一覧表へ戻る

7位 東京カメラ機材レンタルのレンズレンタル

東京カメラ機材レンタル

画像引用:東京カメラ機材レンタル

往復送料 △6000円以上で無料
レンタル料金 ◯3000円〜
補償制度 ◯レンタル料金の10%
キヤノン
ニコン
ソニー

東京カメラ機材レンタルは名前の通り、東京エリアに強いレンタル業者です。

東京都区内なら6000円以上の利用か15km以内の距離で配達料金は無料。

ただ、全国発送は法人のみの対応なのが残念な点。

マニアックな機種のラインナップが多いので、他の業者にないレンズが普通にある場合もあります。

 

 

>>  比較一覧表へ戻る

実際使ったレンズレンタル業者で一番良かったのが「ビデオエイペックス」

ビデオエイペックスのレンズレンタル

実際にレンズをレンタルしてみた中で、一番いいなと思ったのがビデオエイペックスさんです。

レンタル時のレビューは、『ビデオエイペックスでレンズをレンタルした体験談』をご覧ください。

カメオタくん
何より一番嬉しかったのが、レンタル開始日の前日に届けてくれること!

子供の運動会の時に望遠レンズをレンタルしましたが、前の日にレンズを触ったり試し撮りできたのはありがたかったです。

運動会のように朝が早い時にかなり助かります。

旅行でレンズをレンタルしたい場合も、前日配送はかなり魅力です。

>> ビデオエイペックスを詳しく見てみる

万が一の時の補償付きのレンズレンタル業者のおすすめは1社!

レンティオの補償

レンズの取り扱いが不安な方やレンタルが初めての方は、補償が手厚い業者さんが安心です。

レンタル業者の多くは補償に加入していますが、こちらの過失で破損させた時は免責として修理代を請求されます。

レンティオも免責はあるものの、上限2000円と一番良心的な値段設定です。

カメオタくん
落下や水没でも2000円だけの支払いはかなり親切。

こちら側に過失がないなら、修理費用を請求されることはありません。

交換レンズを試すのが初めての時は、レンティオを利用すれば安心です。

>> レンティオを詳しく見てみる

毎月定額制でレンズをレンタルできる業者はココ

定額のレンズレンタルgoopass

普通のレンズレンタル業者はレンズ1本につき、金額がかかります。

しかし、goopassは月定額のサブスクレンタルサービスです。

パスを購入すれば、1ヶ月間有効で期間内なら違うレンズに交換することもできます。

カメオタくん
レンズを返せば、次のレンズを送ってもらえる仕組み。

使いたいレンズが決まっていないなら、月定額の方がいろいろ試せてお得感がありますよね。

レンズのランクや値段によってパスの金額が変わるので、詳しくはgoopassのサイトをご覧ください。

>> goopassを詳しく見てみる

レンズをレンタルするメリット

 

レンズのレンタルサービスはもちろん有料ですが、いろいろとメリットがあります。

レンズは高いので、欲しいと思った時にすぐ買っていたらお金がもちません。

そんな時に便利なのがレンタルサービスです。

ここが便利!
  • 本当に必要な時だけ使える
  • 普段買えないような高い機材を試せる
  • 電気屋ではわからない写りや使い勝手をチェックできる

買わなくても本当に必要な時だけレンズが使える

 

レンズは本当に高い買い物です。

カメラは1台持っていれば長く使えますが、レンズはそうはいきません。

  • 超広角レンズ
  • 広角レンズ
  • 標準レンズ
  • マクロレンズ
  • 中望遠レンズ
  • 望遠レンズ

レンズを変えたら撮れる写真も変わるので、できたらレンズはたくさん持っておきたいところです。

しかし、 全て揃えるととにかく高いです…。

安いAPS-Cレンズでも、全て揃えると最低でも20万円近くの出費は必要になります。

普段買えないような高いレンズを試せる

 

レンタルのいいところは、普段では買うことができない高級レンズが気軽に試せる点。

  • EF16-35mm F2.8L III USM 実売23万円

キヤノンの高級広角レンズのEF16-35mm F2.8は実売価格23万円もする代物ですが、レンタルすれば1日5000円未満で借りることができます。

新品を買うにしてもレンタルで使って納得してから買う方が後悔することもありません。

レンタルは電気屋ではわからないレンズの写りをチェックできる

 

レンズは実際にヨドバシカメラで使うのと家の外で使うのでは、写り方も違ってきます。

カメオタくん
ヨドバシではきれいに写っていたけど、家の中で撮ってみたらなんか手ブレしやすいぞ。

↑ これ僕が昔に感じたことです。

カメラは明るいところで最高のパフォーマンスを発揮します。

明るい電気屋だと一番きれいに写りやすい環境なので、室内や薄暗い場面では試せません。

実際使うところで試せるのが、レンズのレンタルの1番の魅力じゃないかなと僕は思ってます。

レンズのレンタルの使い方・流れ

レンズレンタルの流れ

 

僕自身年に数回はレンタルしますが、手順は至ってかんたんです。

  1. 商品を決める
  2. 会員登録をする
  3. レンタル完了
  4. 返却日に返す

宅配レンタルはクレジットカード払いも選択できる業者がほとんどで、会員登録しても変なメールが届いたことは一度もありません。

カメオタくん
商品と一緒に返送時のキットや伝票が送られてくるよ。

返却日は早めに宅急便に出すようにしましょう。

日曜日など、宅配業者によって当日出荷の締め切りが違います。

以前に当日出荷に間に合わず、40分かけて一番大きい物流センターまで持ち込んでヒヤヒヤしたことがありました。

夕方になると当日便が終わっている可能性があるので、昼過ぎくらいには集荷をお願いしておくと確実です。

レンズのレンタル業者のおすすめ【まとめ】

レンタル時は、自分が欲しいレンズが安く借りられる業者を選んでください。

ビデオエイペックスなら、だいたいのレンズは揃っています。

普段買おうと思っても買えない高級レンズでも、格安料金で借りられて便利。

レンズにこだわりがない場合は、DMMが1番料金が安いので見てみてくださいね。

>>  ビデオエイペックスでレンズを探す


関連コンテンツ一覧



レンズのおすすめレンタル業者

内容をみんなに紹介する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

一眼レフ歴3年の30代初心者カメラマンです。 当ブログは、一眼レフを始めてみたい人や買ったはいいけど、なかなかうまく使いこなせない人に向けて、一眼レフの楽しさを簡単に伝えることを目的として始めました。自分が昔知りたかった情報をもとに初心者~中級者の方におすすめな情報を発信しています。SNSもいろいろとやっていますので、興味持っていただけた方は軽くフォローお願いします★ かなり喜びます。